死別相談

死別相談・グリーフケアカウンセリング

グリーフとは大切な人と死別した時の悲しみや苦しみのことです

悲しみや苦しみとしっかりと向き合うグリーフケア

こころの杖の死別相談

人間関係や人生にまで影響を及ぼさないように

死別による悲しみや不安を解消するカウンセリング

時が悲しみを癒す時代ではなくなってしまった

大きく社会が変化し、死になじみがなくなり、初めての感情に「私だけがおかしくなったの?」という不安が多くの方から聞こえてきます。

死別を体験しても今までは「時が悲しみを癒す」と考えられてきました。しかしそれは、伝統的な儀式の中に、親戚や友人、地域のコミュニティーそして寺院は、死を迎えた直後やその後の数ケ月、時には何年も遺族を支えて来た光景がありました。グリーフケアが儀式の中に存在していたのです。

グリーフについての研究は進んできています

研究されて死別の悲しみに適応するヒントが見つかりつつあります。しかし、グリーフケアは一般的にはまだまだ認知度が低く、有効に活用されていません。

カウンセリングは全ての人に必要ではありません

どこを探しても答えが見つからないのは、どうしてなんでしょう。それは、故人やあなたが、ただ一人の人間であったように、グリーフもただ一つの形を取るからです。自分だけの答えや癒しを見つけ出す必要があるのです。

カウンセリングで、悲しみや悩みを魔法のように解決はできません。私たちはグリーフに関して少し専門的な、特化した知識や経験を持つ、相談員のような者ですが、私たちにできることには限界があります。

でも、「現実と折り合って生きていく方法が知りたい」「生きていく意味を見出したい」「この悲しみや苦しみを何とかしたい」と考え、一人で対処するのが難しいと感じているのなら、手助けのきっかけとなります。

電話でのグリーフケアカウンセリング

グリーフケアに有効であると言われている、ナラティブセラピーを軸にカウンセリングを行っています。

4 つのセッションに分かれています


グリーフからの回復は様々ですが、「よくなってきたなあ」と思うことがあるかと思えば、突然「故人がたまらなく恋しい」「話し相手がもういない」「以前のように戻ることができない」と、グリーフの感情は行ったり来たりです。心身に悪い影響を及ぼしますが、そばに寄り添う人がいるとずいぶん違ってきます。しかし、このことを語れる人が周りにいないというのが死別体験した人たちの圧倒的な声です。1年間の会費を支払い会員になることで、55分間のカウンセリングが5000円で受けられます。長期のケアを必要としている方に、経済的負担が少ない形で提供することができました。


思い出ばかりが蘇がえり、繰り返し思い出したり、そこに居るように感じたり・・「私っておかしい?」と感じたり。グリーフは日が経てば回復すると認識されがちですが、グリーフを理解すれば心は軽くなります。


「子供を抱えてどうして生きていこう」と不安が頭の中をよぎる日々を送っているあなた。子供の心配や、生活の不安等に直面して、何もかも一人で頑張らなくてはと考えているシングルマザーのあなたに届けます。


現実に向き合わなければならないけれど、ネガティブな感情が支配しているあなた。心の中にある色々な思いを感情を吐き出せば、ずいぶん心は軽くなります。死別を経験した全てを話して下さい。


電話カウンセリングの申し込み方法

①予約

予約フォームからご希望の日程を選び、ご予約いただきます。

②事前質問とお支払

メールが届きます。質問のお答えを返信、お支払いを完了いただきます。

③カウンセリング

ご予約の日時に、こちらの方からお電話させていただきます。


カウンセリングのお約束

安心できる場所で

日本国内の固定電話や携帯電話へ連絡差し上げます。あなたが一番、安心できる場所でお待ちください。

秘密は絶対守ります

グリーフケアアドバイザーには守秘義務があり、相談内容あh決して外部に漏らすことはありません。

延長・通話料金なし

カウンセリング時の通話料金義は当社負担です。時間制限がありますが、延長料金はいただいておりません。


死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング BLOG