手元供養とは

故人のご遺骨を自宅で供養する方法を手元供養と言います


小さな骨壺やブレスレットに故人の遺灰や髪の毛などを収め、ご自宅に置いたり、身に着けることで、いつでも大切な方を身近に感じることができます。

高齢化で、気持ちはあるのに、お墓に行くのが手軽にできなくなっている方や、親と同居せずに家庭を持つ人たちが増えたことで、先祖のお墓が遠く、お墓参りに行く機会のない方、お家にお仏壇が無い方、お墓はあるけど遠方なのでもっと手軽に供養したい方、実家の両親の供養をしたい等の想いから、従来のかしこまったしきたりや宗教儀礼にこだわらない、さまざまな供養への希望を持たれる方々に広く親しまれています。 

「ずーっと傍にいて欲しい」

「一人じゃない」そんな想いを叶える手元供養

手元供養は様々な人がご利用になっています

  • お墓はあるけれど、手元に置いて故人を偲びたいと考えてる
  • お墓が遠いので、お墓参りに行くのが難しい
  • 年齢的、体力的な理由でお墓参りが大変になってきた
  • お子様や、お連れ合いを亡くされて寂しさや孤独感を感じご遺骨を手放せないでいる
  • お墓の継承者が無く、この先無縁仏になる可能性が高いと考えている
  • 散骨、樹木葬、合祀墓などと組み合わせを考えてる
  • 長男ではないが或いは嫁いだ身であるが、自分の両親の供養をしたいと考えている
  • 経済的或いは何らかの事情でお墓の建立が困難である
  • そもそもお墓は不要と考えている
  • 海外にお住まいの方や、転勤、引越しが多くて墓地の場所を決められない
  • 住宅事情から小さな現代仏壇と、手元供養を組み合わせて偲びのスペースをつくりたい
  • お仏壇を持たないけれど、何かで故人を偲びたいと考えてる

手元供養は、残された人の心を大切にして従来の形にとらわれない、

あたらしい祈りです。

信楽焼の手元供養 こころの杖 ミニ骨壺

最近は、親と同居せずに家庭を持つ人たちが増えたことで、先祖のお墓が遠く、お墓参りに行く機会のない方や、ライフスタイルの変化からお仏壇を家に置かない家庭も増えてきました。 「お墓や仏壇はあるけどもっと身近で供養したい」「お子様や、お連れ合いを亡くされて寂しさや孤独感を感じご遺骨を手放せないでいる」「嫁ぎ先にいても近くに感じていたい」等、従来のしきたりや宗教儀礼にこだわらない、自分スタイルにあわせた供養が広く親しまれています。

手元供養は大切な人に身近に感じ、語りかけ、日常を過ごすということ 

信楽焼の手元供養 こころの杖 ミニ骨壺

大切な人を亡くした時、『もう一度逢いたい』『そばにいて欲しい』と想う気持ちは当然です。ご遺骨を故人の形見として、ミニ骨壺や遺骨加工で身近に感じながら日々をおくる。故人を身近に感じ、語りかけることができる手元供養は、特に東北の震災以降、グリーフ(悲哀)・ケアとして注目され深い悲しみから立ち直る支えとなっています。手元供養は"あたらしい祈り" のかたちです。

手元供養は次世代に残さないことが理想だと思っています

信楽焼の手元供養 こころの杖 ミニ骨壺

世代が変われば、手元供養の処理に困ってしまいます。最近は位牌ですら処理に困ってしまう時代ですから。手元供養したご遺骨の一部は自分が持って死ぬことを念頭に置いて、抗菌さらしをお付けしています。それが、何十年後であろうとずーっと手元供養して、自分の最終に、一緒に火葬してもらってください。大切な方のお骨の一部です。死ぬまで一緒です。

信楽焼の手元供養 こころの杖 ミニ骨壺
信楽焼の手元供養 こころの杖 ミニ骨壺

信楽焼の手元供養 こころの杖 粉骨サービス(パウダー加工)