お客様の声/手元供養


ミニ骨壺/あわうみ・風  愛知のTさん

こんばんは😊本日無事届きました。ありがとうございます。

先日父を亡くし、母と姉妹で悲しい毎日を過ごしていました。そんな時、手元供養ミニ骨壷の存在を知り、母と姉妹で話し合い、購入する事に決めました。

いろいろな店を調べたり、デザインなど迷っていた中で、父のイメージにほんとにピッタリなデザインを見つけ、全員気に入り、こちらのお店で購入する事に決めました。購入前の質問にも丁寧に答えていただき、嬉しかったです。実物を見た時、お父さんにピッタリ!と涙が出るくらい感動しました。すばらしいお店と骨壷に出逢えた事に感謝します。ありがとうございました。


お地蔵さまと遺骨ブレスレット/りんどう  大阪のHさん

まもり珠を分け合ってお母さまと子供さん達3人分のブレスレット

大変、お世話になり有難うございました。

こうして無事年内にいただくことが出来、ほっとしています。

ブレスレットも、素敵に仕上げていただきましたし、お地蔵様を眺めているとなんだか和み、またひとつ安心した落ち着いた気持ちになれました。いろいろとお心遣いに感謝しております。

母も大変お世話になりましたと御礼を申しておりました。


遺骨ブレスレット/りんどう  栃木のTさん

お父さまの遺骨をブレスレットにしてお母さまにプレゼント

本日 、届きました。ホームページに出ていた写真通りの仕上がりで、とても嬉しく思います。作ってる過程までありがとうございます。 明日、 母に渡そうと思います。付属の5個を18歳の娘が欲しがっているので、どうアレンジしようかと 考え中です(^ ^)

今回 御社に出会えて、本当に良かったと感謝しております。ありがとうございました。

 

 

粉骨とあわうみ骨壺  兵庫のIさん

散骨してお父さんと娘さん達3家族で分骨

お父さんとよく旅行したお母さん。お父さんと話合って、旅行先に散骨することをお父さんと話合って決めました。あまりに小さくなったお母さんをみてビックリしましたが、反面、綺麗なお骨になり安心もしました。散骨の仕方も教えていただき、場所により袋の対応もしていただき、ありがとうございました。独り暮らしのお父さんが寂しくならないように、そして、私たちにも母がそばにいてくれるように購入した骨壺は、可愛くコロンとした母のイメージそのものです。大切にします。

お地蔵さまと蓮座の骨壺  静岡のOさん

一人暮らしが寂しいので、亡き妻を身近に

ご遺骨は納骨堂に納めたが、ほんの少しだけご遺骨を身近に置きたいと考えられたOさん。

にこやかに、ほほ笑んでおられるお地蔵さまをご覧になられ、奥様の姿を思い出されたのでしょうか。

『とってもいい出逢いになりました』とおっしゃっていただきました。

お一人暮らしになられたので、とっても淋しかったとご自分の胸の内を話しておられました。

少しでも、元気になられますように。

我が子と同様のペットの骨壺に  千葉のMさん

カラフルな骨壺で色分けができると

猫を我が子のように飼っています。亡くなってもお骨を白い骨壺に保管していました。カラフルで温かい骨壺をみて、即決しました。

家の子たちを一目で色分けできると。何とかしてあげたいなあとずっと思っていましたので、とっても嬉しいです。付属の布に優しく包んであげることが出来ました。ありがとうございました。


かいつぶりの骨壺  大阪のTさん

息子さんがお腹の中でゆっくり眠れるように

まちなか芸術祭の時に当店が骨壺専門店だとはご存知なくご来店されたTさん。
ご説明するとビックリされたご様子。(骨壺ですと申し上げると皆さん、ビックリされるんですが・・・)
幼くして息子さんを亡くされ、ご自宅で従来の骨壺で安置されていたようで、可愛いかいつぶりの骨壺をみて何かご縁を感じられたご様子でした。
かいつぶりは琵琶湖に浮かぶ鳥で、ゆらゆらといつも気持ちよさそうに浮かんでいます。
早産で生まれた息子さんなので再びゆっくりお腹の中で眠れることが親として非常にうれしいとおしゃられていました。
お葉書の最後には『大切にします』と結ばれていました。
選んでおられた時のご主人やお子様たちの会話は今も記憶に残っております。
今も家族で本当に大切にされてるんだんなあと感心いたしました。

遺骨ブレスレット/さくらそう  奈良のOさん

納骨前にお父様を身近にと考えてたどりつかれた

最終的にご決心されたのは、後のご遺骨の処理の心配が無いのでと当社のブレスレットに決められました。

大切なものなので『万が一のことを思い2つ作りたい』とおしゃられました。
納骨が寒くならないように、時間の配慮もさせていただきお届けいたしました。

Oさんからは「サイズもピッタリで、色、肌さわりとも大満足しております。また遺骨もおもっていたよりたくさん使っていただいて嬉しいです。見ているだけで心が和みます。一生大切にします。近々、高野山へお骨を納めに行きます。早めにでき上げていただいたので寒くならないうちに行けそうです」とメールが届きました。

『一生大切にします』のお言葉を皆さんにいただいております。

かけがえのない大切な物をお預けいただいた信頼にお応えできるように、感謝の言葉が届く度に気持ちが引き締まる思いです。

お地蔵さまの骨壺  滋賀のGさん

お地蔵さまの骨壺を愛する陸ガメに

「1周忌が終わったらお地蔵様の骨壺に入れて自宅に帰してあげたい」と望んでられた年配のご夫婦が、陸ガメのトロちゃんの1周忌を終えられたその足でおいでになられました。毎日お風呂に入れ、一緒に寝、会話をしてわずか3年間しか一緒にいられなかったのに、思い出話はトロチャンの細部まで目が届いていることが分かり、本当に(わが子のように大切にされていたんだなあ)と思わずにはいられませんでした。冷たい風が吹く中をステッキをついてお越しいただいたその姿にも、トロちゃんへの愛情を感じました。


遺骨数珠/さくらそう  大阪のGさん

お母さんの遺骨入りの数珠をつけて結婚式を

今年の夏に結婚式を挙げられるGさんからお母さんのご遺骨加工アミュレットのご依頼がありました。

Gさんのお母さんはご自身の逝った後の希望をGさんに伝えていられました。『綺麗な骨壺に入って、仏壇で眠りたい』とおっしゃっていた通り、Gさんはお母さんのご遺骨は粉骨してきれいな骨壷に収められました。そして、お母さんの日記には、Gさんに念珠をプレゼントしたかったが叶わなかったと日記に残されていました。

当社に届けられたお手紙にはやっと当社の『こことの杖』にたどり着いたので『母をどうぞ、よろしくお願いいたします』との言葉が添えられていました。

Gさんはこの夏、結婚式を挙げられます。お母さんがプレゼントしたかった数珠をつけて・・・お母さんと一緒に晴れの舞台です。6年間のお母さんの闘病生活を主になって支え続けられたGさん。一言では言えない色々なことがあったことでしょうね。

幸せになってくださいね。おめでとうございます。

そして、今は亡きお母さん、よくご自身の逝った後のことも伝えておられたと思います。残されたものが、お母さんの意に添えたことがどれほどご本人たちの救いになるかそれは計り知れません。改めて、お母さんのご冥福をお祈りいたします。