本山納骨とは


各宗派の本山に遺骨を分骨して納める

最近では分骨でなくすべての遺骨を納める方も多くなっています

信楽焼の手元供養 こころの杖 ミニ骨壺

本山納骨は古くから行われている納骨方法です。
各宗派の本山に遺骨を分骨して納めることです。

宗祖ゆかりの地の納骨堂・永代供養墓は、常の多くの人の参拝がありとても賑やか。

近年は分骨ではなくすべての遺骨を納める人も増えています。

本来は「遺骨の一部を本山に納骨する」という分骨が目的だったため、お墓の代わりとして安易に考えるのはおすすめできません。

本山納骨は合祀型(合葬墓)が多いため、一度納骨すると遺骨の返還や分骨ができないこともあるので注意が必要です。

信楽焼の手元供養 こころの杖 粉骨加工サービス
信楽焼の手元供養 こころの杖 粉骨加工サービス
信楽焼の手元供養 こころの杖 遺骨ブレスレット・ウィズ